ようこそ、「はなす場こむぎ」のウェブサイトへ!

私たちは、発達障害を持つ人が自立して生活できるよう、特技や才能の見つけ方や伸ばし方を共有できる場をつくっていきたいと考えています。

発達障害の当事者だけでなく、発達障害を持つ子供の保護者や支援者・理解者とのつながりも大切にして、地域全体で発達障害を持つひとの自立を支えられるような取り組みをすすめていきます。

現在、予定しているイベントの詳細、お申し込みはこちらから→


「はなす場こむぎ」とは?

青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラムを修了した3名(こむぎ・いくみん・おのれー)が中心となり結成した任意団体です。

発達障害の当事者の立場であったり、家族の立場であったり、支援者の立場であったりする私たちが、発達障害を持つ人たちが安心して過ごせる居場所作りの一環として全4回のイベントを開催します。 (イベントは1回のみの参加も可能です)

検索サイトで「あ、それいい!」と検索していただくと、こむぎ(中村小麦)がこれまでに主催した『「あ、それいい!」発達障害を持つ人の支え方』というお茶会の情報をご覧いただけます。


主催者: ワークショップデザイナー(青学25期)/フリーライター 中村小麦
連絡先:hanasubakomugi@yahoo.co.jp